ワイルドワイルドキャッツ展のこと

9/4(日)〜9/10(土)まで開催していた「ワイルドワイルドキャッツ展」に
お越しいただいた皆様、teatimeでご一緒した皆様ありがとうございました。
楽しくて勉強になる1週間でした。

また色々と作っていきますのでよろしくお願いします。
ThePotatoesbyHossy
ThePotatoesbyHossy
「またな」
by Ms.キューティードクロパイ,ビキニガール,ポポ,&Hossy☆

 

ワイルド・ワイルド・キャッツ展

 

ワイルド・ワイルド・キャッツ展に参加します。

The Potatoes by Hossy☆
開催日時:2016/9/4(日)〜9/10(土) 11:00-17:00
場所:Teatime 横浜市中区山下町129

<出展アーティスト> saki / Hossy☆ / Mickey / 中野良子 / eillie(森川エリー) / Saki Katsura / 三好菜月 / あわたようすけ

 
主催の粟田洋介さんは不思議で愛らしいネコを描く人。
The Potatoes by Hossy☆
ペイントされたTシャツ。

 
The Potatoes by Hossy☆
コラボした指輪も販売します。

 
The Potatoes by Hossy☆
このアイスクリームキャットをモデルに約30㎝の人形をつくっています。
中華街で展示なので、チャイナなネコも持って行きます。

 
The Potatoes by Hossy☆
15㎝くらいのケバいネコ人形も居ます。

 
WILD STYLE ミチヲ
ワイルド・ワイルド・キャッツ展では粘土の人形、原画の展示販売をします。
会場のTeatimeは1階がカフェになっています。
皆様のお越しをお待ちしております。 by ワイルドスタイルなミチヲ

 

最近の写真・絵など。
The Potatoes by Hossy☆
The Potatoes by Hossy☆
[忘れられた星座・つぐみ]

 
The Potatoes by Hossy☆
「まちぼうけ」という言葉の可愛らしさ。

 
The Potatoes by Hossy☆
今描いてるドレッドの女の子とネコ。

 
The Potatoes by Hossy☆
夏バテ気味なネコのポポ。

 

 

リサイクルアート展終了

 

22日に終了したリサイクルアート展。
 
最終日、突如タトゥスタジオと化したterrapin station
ギャラリー・ヒミツキチ2F
thepotatoesby01
次々と絵を描き始める出展者と
煙草を咥え、空間をつくりあげる謎のアートマン。
thepotatoesby02
私も背中に[ピザ食べたいアケミ]を描かせてもらいました。超楽しかった。
 
色んなことを実験的に楽しみ、周りをひきこむ謎のアートマン。
乳首が可愛らしい色だった。
 

terrapin station
リサイクルアート展にお越しくださった皆様、関係者の方々
どうもありがとうございました。
そして主催してくださったあわたさんに感謝しております。
 

帰宅後
購入したあわたさんの作品、瓦礫の「キャンディヘッド」を部屋にかざりました。thepotatoesby03
しっかり観察するポポ
 
thepotatoesby04
部屋にぴったりだね~

 

*お知らせ*

毎年参加しているデザインフェスタギャラリーの「にゃんこ展」、
来年の「にゃんこ展5」は部屋(1A)をかりて出展します。
リサイクルアート展に参加した方達と一緒に展示する予定です。
 
thepotatoesby05
(去年の様子⇒にゃんこ展4

 

脳赤ちゃん(Brainbaby)

 
高円寺で開催中のリサイクルアート展で
「スクラップマシンガン」という作品を展示しています。
 
Thepotatoesby

この作品から派生して生まれたのが
脳赤ちゃん(brainbaby)という脳味噌のブローチ。
 
ThePotatoesby1
「僕たち、私たち!エゴから産まれた脳赤ちゃん。スヤスヤ…」
脳の模型を横から見た時に、赤ちゃんが眠っているように見えました。
 

裏側には新聞の切り抜き。
ThePotatoesby2
イメージする文字を貼っています。
 

グロい脳もあります。
ThePotatoesby4ThePotatoesby5ThePotatoesby6

 
脳味噌を作っている私を見たポポの反応
ThePotatoesby3
(え、なに作ってるの…!)
 
ThePotatoesby7
(やっぱり!アイツ、脳味噌おかしかったんだ…)

 
脳を作っている間、食欲をなくしました。
 
脳味噌以外に、肉もあります。
「肉本来・ブローチ」
ThePotatoesby8
以前「宇宙肉」として熟成させていたものに
不用なチラシの切り抜きを貼りました。
 

ポテトもあります。
ThePotatoesby9 ThePotatoesby10
壁に飾っているポテトの額縁を作った時に残った材料。
 
ThePotatoesby11
リサイクルアート展で「宇宙セット」と一緒に展示中です。

 

リサイクル・アート展
期間:2015年9月17日(木)~22日(火)
時間:12:00~20:00 (最終日18:00)
場所:Terrapin Station 2階
東京都杉並区高円寺南2-49-10

 

ピザ

 

カランカラン。

0

キィィー…パタンッ。

「ホットワイン。それと、スプリームスをかけてくれにゃいか」

 

0
「ここのbarの焼きたてピザは美味しいのにゃ」
ムシャムシャ。

 

1
「いい曲もかけてくれるし、最高よ」
もぐもぐ。

 

2
「ヘイ、マスター」
 

3
「おかわり宜しくにゃ」

 

ピザ好きネコと女の子のコースターはニャンフェスに持って行きます。
金具が付いているので壁掛けにもなるよ。
何種類か焼き上げて5月のデザフェスでも販売します。
ご来店お待ちしております。

 

 

展示終了しました。

 

「下北アートスペース・第一回ニャンコ展、
観に来てくれた皆さん、ありがとうございました。」
08
by 猫めがねリサイタル(Vo&Gt. NEKO)

 

01
設営時、手伝いに来てくれた仲間のPotato.Uが何かを指して
「こいつ気持ちワリぃ~」と言った。

スージーのことかな?と思ったら、
“ふわふわホっぺちゃんの綿あめ”だった。

(え、そんなはずは…)
よく見てみた。

 

02
01
03
04

 

 

展示風景。
02
03
04

 

今回も、ポポキはお手伝いしてくれた。
05
「ん?作業するスペースがない?」
 

06
「ほら~、背中を貸すから~」

ありがとう。

 

下北・ニャンコ展

「第一回ニャンコ展」に参加します。
(名前がネコ展からニャンコ展に変更になりました)

会期:2014年7月8日(火)~7月13日(日)
12:00~20:00(最終日のみ18:00迄)
会場:下北アートスペース

nyanko_300_200

1
「猫のなみだ」
ラメがキラキラ光ります。

2
右のピンク色のはブローチになっています。
下北・ニャンコ展に持って行きます。

3

4

5

6

「ニャンコ展、お待ちしていにゃす」

ポポキチェック

 

ブログのチェックをするポポキ監視員。

2
「んー、この表情はナシ。だからさ~、ここの部分は僕の良さを持ってこないと…
にゃーしてこーして…」

ブツブツ…

 

1
「ちょっと、聞いてる~?!寝ちゃダメだよキミ~」

 

 

カラス

 

朝方
カラスが鳴き出すと、それまで寝ていたポポキの眼つきが変わる。
1
 
今は少しずつ慣れてきたけど、最初はカラスの監視に夢中で
餌も水も飲まず窓に張り付いていた。
 

ポポキと一緒に覗いたらカラスがすぐ目の前を飛び回っていた。
何羽かこっちを見ている。
 

イライラしているポポキが前足で窓を叩いた。
カラス達「ここまで来なよ、タヌキ」と笑っているようだった。

 
きっとカラスも子育てなどで気が張っているかもしれない。
見えないようにカーテンを閉めても鳴き声がすると、ポポキは右往左往して余計に落ち着かなかった。

 
2~3日見張りで寝不足が続いてしまい、ポポキ刑事は疲れていた。
2
こういう時、ポポキは口元がおかしくなる。
かわいそうだけど、分かりやすい表情や姿にちょっと笑ってしまう。

 
3
入れ歯をはずしたお爺ちゃんみたい。
 

4
もはや犯罪者のやつ。

 

この前、カラスの見張りを終えてカーテンから出てきた瞬間に吐いてしまった。
5
 
とっさに両手で受け止める私(下に画材があったから)
 
単純に毛玉がたまっていたんだろうけど、なんだか気の毒になった。

 

少し前までホットカーペットの上で
6
こんな姿で寝ていたり、

 
7
こんな風に、余裕をかまして過ごしていたのに。

 

一緒にゴロゴロしていても、私が動いただけで慌てたり、
部屋の中でカラス探しをするようになった。
8
「カラスカラス、カラスどこ行ったカラスめ」

 
9
「カラスここか」

 
10
「カラスここじゃない」

 
11
「おいっハシブトこの野郎~!」
違うよ。

 
12
疲れたからって、机の上で寝て良いわけじゃないよ。

 
13
「カラス、なぜ鳴くの…う~ん、むニャむニャ。」

 
14
「はっ!ぼくの目の前に居るのはカラス…あ、小さいオジサンか…」ウトウト。

寝ぼけながら起きたあと、人の顔をジッと見て確認してから寝るポポキ。

 
前にも、寝ていたと思ったら急に
「ミャ、ミャアー!」と叫んで、私の顔を確認してまた寝たことがあった。
時々、寝ている時に得体のしれない声で鳴くのは、私と父と同じだ。
どこまでも親近感であふれている。