冷蔵庫の番人

 

近所の猫。
thepotatoes
白猫のしらすちゃんと仲間達。
3匹が同じ体勢で可愛かったので、しばらく観察。
動く気配がない。
お互い一歩も譲らず見つめ合いの平行線。

 
5分くらい経ってから、もう一度前を通ってみた。

 
thepotatoes
まだ同じ体勢だ。
 

ふ~ん…猫背だね、背筋のばした方がいいよ。

 

 

thepotatoes
隙あり! !

 

そんな暇人な私が飼っている猫のポポキは最近、冷蔵庫の上で遊んでいる。
thepotatoes
“にゃん類の第一歩”的な雰囲気が可愛くて気に入っている。
生まれつきの寄り目も強調。

 

冷蔵庫の番人としても活躍中。
thepotatoes
「お前さんとろけるチーズ食べ過ぎじゃないのかい?しょうがないヤツだな、2枚持って行きな!」

 

台所のシンクをつたって冷蔵庫にジャンプするポポキ。
 
自分の脚力に自信がついたのか、今まで見向きもしなかった本棚をなにやら物色し始める。
thepotatoes
この2日後、彼はジャンプを試みたらしい。
ドーンガシャンと騒々しい物音で目を覚ますと
乾燥中の絵や粘土、絵の具の水が入ったバケツと一緒にポポキは床の上に転がり落ち、猛スピードで走り去っていった。

 

手足が短いわりに体がでかいこと、ポポキは分かっていない。
いや、分かっていたから2日後の決行だったのかもしれない。
この2日間、本棚の様子を何度もチェックしていたが飛ばずにいた。
“その日”が来るまで見えないところでたくさんジャンプの練習をしていたのかもしれない。
 
結果はポポキにとって満足いかないものだったとしても、
その心意気は全然「ダメだったね」じゃない。

なんだこれ。
猫バカな飼い主のブログである。